自己破産後の生活

持続化給付金いつもらえるの?と思っていたら6/2(火)入金されました!

5/12(火)に申請した持続化給付金、いったいいつもらえるの?と思っていたら、6/2(火)に無事入金されました!

フリーランス(個人事業主)、白色申告、開業届なし。

持続化給付金申請してから3週間ですが、あきらめずに待っていて本当に良かったです。

本記事では実体験をもとに、持続化給付金が入金されるまでの流れを公開します。

ゆり
ゆり
まだ入金されず「いつもらえるの?」と不安に思ってる方の励みになれば幸いです。

『6/2』赤枠が消えた翌日には入金

ゆりは不備メールが2回も届き、巷で話題の『赤枠』なるものも2回表示されました。

2回目の赤枠が消えたのは6/1(月)のこと。

つまり、赤枠が消えた翌日には持続化給付金が入金されたことになります。

持続化給付金が入金されるまでの流れ

持続化給付金が入金されるまでは「いつもらえるの?」と不安でした。

ゆり
ゆり
不備内容や申請のタイミングなどは人それぞれだから参考になるかわからないけど、ゆりの場合の『持続化給付金が入金されるまでの流れ』をくわしく公開しますね。

5/12(火)持続化給付金を申請

前記事にもまとめていますが、ゆりが持続化給付金を申請したのは5/12(火)深夜です。

申請したとき81万番くらい。

  • フリーランス(個人事業主)
  • 白色確定申告済み(事業所得)
  • 4月の売上0円

本年度4月の売上が昨年度4月売上の50%以下だったので、ネット申請してみました。

【持続化給付金】フリーランスが申請するときの「知りたい」をまとめましたフリーランスでも『持続化給付金の申請』をすれば100万円もらえるということで、ゆりも5/12(火)に申請してみました! この記事は...

5/24(日)1回目の不備メールと赤枠

1回目の不備メールを5/24(日)に確認し、申請サイトにログインしてみると赤枠が表示されていました。

ゆり
ゆり
『所得税青色申告決算書の控』として有効な画像の……???
『申請された直前の事業年度の対象月の月間事業収入額が…???

5/25(月)修正して再申請

ゆりは白色確定申告しているので、『所得税青色申告決算書の控』なんて提出しようがない!

しかも『年間事業収入を12で割った額』を記入しているのに「なぜ???」と思いつつ、以下の対応をして5/25(月)再申請しました。

  • 白色確定申告の収支内訳書を提出
  • 年間事業収入を12で割った額(修正せず)
  • 『白色申告』『売上入力にミスなし』と記載した文面を提出

5/27(水)2回目の不備メールと赤枠

まさかとは思っていましたが、5/27(水)に2回目の赤枠とともに不備メールが届きます。しかも、1回目と内容は同じ。

ただ、今回は『年間事業収入を12で割った額を……(小数点以下の端数は切り捨てて計算してください)と追記されていました。

5/27(水)修正して再々申請

『小数点以下の端数は切り捨てて計算』という赤枠をまじまじと確認し、たった1円の記入ミスがあったことにやっと気がつきます。笑

ゆりは小数点以下を切り上げて売上入力していたのでエラーになっていたようです。

参考までに、下の図みたいな計算ミスでした。

というわけで、小数点以下は切り捨てて売上入力し、不備メールが届いた5/27(水)当日に再々申請しました。

6/1(月)ついに赤枠が消えた!

持続化給付金の申請サイトを、毎日のように「いつもらえるの?」とチェックしていたところ、ついに例の赤枠が消えました!

6/1(月)夜のことです。

ゆり
ゆり
「これはひょっとすると…明日には入金か!?」と、就寝前に気持ちが高ぶりました。

6/2(火)持続化給付金が入金された!

2回目の赤枠が消えた翌日の6/2(火)、登録しておいた銀行口座をiPhoneでチェックしてみたところ…、心待ちにしていた持続化給付金100万円が入金されていました!

5/12(火)に申請してから3週間後のことです。

ゆり
ゆり
2回もの不備メールに心が折れそうでしたが、あきらめずに再々申請して本当に良かった。

2回の不備メール原因は『売上入力』

持続化給付金の申請をして、2回も不備メールが届いたその原因は、ゆりの場合『売上入力』でした。

ひとりで孤独に悶々とパソコンの画面に向かい、あれやこれやと悩んだ3週間。

まさか、たった1円の記入ミスに振り回されるとは思いもしませんでした。

まとめ

SNS上でも「持続化給付金いつもらえるの?」と心配している人のコメントが多く、ゆりもそのうちのひとりでした。

2回も不備メールが届きましたが、修正箇所を冷静に確認することは大切なんだと実感しました。

売上は減少しているのにもかかわらず、支払いは待ったなしでやってきます。

1日も早く100万円、200万円の持続化給付金が入金されることを、切に願っていると思います。

わかりにくい申請手続きに頭を抱える人もいるかもしれませんが、規定通りに対応していれば、きっと入金されるはず。

あきらめずに持続化給付金申請をクリアし、入金されたお金を大切に使い、お互いに頑張って事業を持続させましょう。

それでは、また!